絶海の孤島、小笠原に行ってきた話

先日、2014年夏の陣で栄誉ある賞に輝いたちゃんぺ殿が
ついに「0泊3日で行く小笠原」へ出陣されました。

ひどい船酔い持ちのわたくしが添乗員として
同乗するという(おそろしい)企画。

どんな旅になったのかレポします。

ちなみに…

このツアーを提供する旅行代理店さんの紹介文がコチラ。
■世界最短!0泊3日で行く小笠原着発ツアー
■位置登録ゲーマーの皆さんに活用されています
■往復船旅51時間&父島滞在2時間半
ogasawara_timeschedule

往復船旅51時間…
しかも小笠原まで行って現地滞在2時間(^_^;

恐る恐る、竹芝桟橋を出航したのでした。

いつも通り、写真と動画でふりかえりましょう。

旅立ち

前回の記事でお伝えしたお見送りの様子
見送られる側から見たショットがこちら。

IMG_2811

IMG_2712

ちゃんぺ殿と同伴の姫もタオルをふって「行ってきます」のサイン。
おふたりとも、すごく喜んでいらっしゃいました。

ぼくも、こうして見送られるのは初だったのですが、
見送るスタッフも楽しかったそうです。

見送る、見送られるって、とってもいいですね!!!

みなさんも、ぜひお仲間同士でやってみてください。

大海原へ

来た道には何も見えません

東京湾をぬけ、数時間。
うしろは何も見えなくなりました。

大海原をゆく貨物フェリー

大海原をゆくフェリー自動車運搬船をはっけん。ちょっと感動。

↑追記
「これひとじゃなくクルマ運ぶ船なー」と
たくさんの方々からおしえていただきました。

絶景(夕やけ)

絶景(夕やけ)

場所は…うろおぼえですが、
青ヶ島と小笠原のあいだ、鳥島付近の夕日です。

絶景(日の出)

絶景(日の出)

雲を照らす後光のような光が忘れられません。
おふたり、とってもしあわせそう。

絶景(波のない無音の海)

おがさわら丸の船内には、いたるところに
ビニール袋が用意されています。(用途はお察しください)

IMG_2756

椅子もこんな感じで鎖でつながれているほど。

ひどい船酔い体質のわたしは前日緊張して眠れませんでした。
長時間の船旅に耐えられるだろうか…
とっても憂鬱になってたわけです。

しかし行ってしまえば、そこは天国で、恐ろしいほど波は穏やか。

穏やかな海

見てください。この風も波もない無音の世界を。
どこまでも蒼く果てしない美しい海が続いていました。

船内の様子

二等船室

修学旅行の相部屋っぽい、二等船室です。
大広間にシートがずらり並びます。

特二等船室

寝台列車風の特二等船室。2段ベッドの相部屋です。
わたしはここに泊まったのですが、電源コンセントがない…。
談話スペースのコンセントも使えますが、
みなバッテリーのなくなる復路は争奪戦になっていました。

一等船室

ちゃんぺ殿たちのお部屋がこちら。一等船室(個室)です。
復路はさらにグレードの高い特等船室にご宿泊。

船内のごはん事情

島塩ラーメン

島塩ステーキ

これが船内かと思うほど豊富なラインナップ。

たくさんの殿・姫からTwitter等でおしえていただいた人気メニュー
小笠原の塩を使った「島塩ラーメン」と「島塩ステーキ」も
しっかりいただいてきました。

朝ごはん

朝ごはんは好みのおかずを自分でえらんでいくバイキングスタイル。
大盛りを頼んだら日本まんが昔話のような超大盛りが来てびっくり。

2時間の小笠原滞在で

父島みえた!

「見えた!見えたぞ!」

船内のザワザワで飛び起き(寝てた)、
しばらくすると父島が見えました。

小笠原を攻略

そしてみごと小笠原を攻略。

現地では…

船を降りて街へ出る(30分)
着いた途端に突然のスコール、カフェで雨宿り(30分)
少しだけ海にもぐり(30分)
街ぶらしてお土産さがし(30分)
港へ戻って出航手続き(30分)

もうほんと一瞬です(^_^;

復路、東京へ

父島での盛大な見送り

船でもお見送り

港を出航する際は、盛大なお見送りが待っていた!

乗客みんな大喜び。さようなら小笠原!!!

帰りは、同じルートで東京へ。

IMG_2692


「じぃ、ただいまー!」

小笠原に行ってみたいという方へ

さいごに、小笠原に行ってみたいという方に耳寄り情報。

おがさわら丸は来年7月に後継となる3代目が就航予定とのこと。
高速化による時間短縮で現地滞在時間がさらに伸びるらしく、
旅行代理店の方には

「国盗りでイベントにどうですか!」

とお声かけいただきました。

0泊ツアー前提で(笑)・・・。

ということで、今後ぜひ乗ってみたいというご要望が多ければ…
そのときは、波がおだやかだといいですね!!!今回のように。
経験者の私もお付き合いさせていただきます!

それではまた!

追記
国盗りゃーの皆様からツイッターでお寄せいただいた応援めっせーじ、おがさわら丸情報をトゥギャりました。
船旅51時間…「0泊3日」で小笠原に行ってみた – Togetterまとめ



長いけど、たのしい!

東京へ戻ると事務局スタッフたちからは「雨男なのにおかしい」
「同行のお客さまに感謝したほうがいい」
「ゆれなくて残念」
「やりなおし」
「もう一回小笠原行って来い」とか、そういう話しになっており(ひどい…)、

憔悴しきって帰ってくることを期待していた皆様、
ほんとうに申し訳ございませんでした。

おがさわら丸、さいこーです。ゆれなければ。
(事務局 アラキ)


この記事をシェアする

この記事をシェアする